株式会社よしもと興業クリエイティブ・エージェンシー東京本部

TEL:03-3209-8252 FAX:03-3209-8262(営業時間10:00ー18:00 土日祝日を除く)

KAORUKO

かおるこ

  • アーティスト

性別:女性

出身地:愛知県 

印刷

経歴

1986年  白士会(日本画)入選
1988年  童話作家の五味太郎氏に師事
1993年  音楽ユニット「THE TABLES」結成。音楽活動を再開
1995年  パルコ アーバナート展奨励賞を受賞
1997年  日本デザイン会議 参加
2001年  吉本興業 所属
2004年 ピエール・カルダンの世界初のディフージョンライン「カルダン」ブランド
     のマルチアドバイザー
     日本テレビ『@サプリッ!』番組キャラクター、オープニングアニメ、
     セットデザイン制作
2006年 「TSUMORI CHISATO」ブランド2006年春夏パリコレでコラボ作品発表
     雑誌『Cawaii ! 』(主婦の友社)でオリジナルキャラクター
    「SaiGO3!」連載
     コナミ「ポップンミュージック」のキャラクター起用
2007年  NY 「ETHAN COHEN FINE ARTS」で個展
     ACAF NYアジアンコンテンポラリーアートフェア出展
     MAIAMIにてグループ展
2009年  江崎グリコ『POs-Ca(ポスカ)』とのコラボでエコトートバック販売。
     NY「チェルシー美術館」『Dream in a Contemporary Secret Garden 』展
     NY「Taipei Cultural Center」出展
     NY「Elga Wimmer Gallery」
     NY「The Papoo’s Gallery」
2011年 Mike Weiss Gallery にて個展「Aromako」開催
2012年  米アート雑誌「New American Paintings」98号(2012年2月号)で
    「アメリカで活動する注目のアーティストの一人」として紹介され、
     同雑誌の表紙を飾る。1200名の候補から選出された40名の一人
     国際アートフェアPULSE NEW YORKでのグループ展にて出品参加
2013年  NY「Mike Weiss Gallery」にて個展「ENN」を開催
2014年  NY「Waterfall Gallery」に企画展「Feel Life」に参加
     フランス「Mana Wynwood convention Center」にて企画展
    「MANA Monumental」に参加
2020年  NY「Lyons Wier Gallery」にて個展「Animism」を開催

備考

作品コンセプトを日本の芸術文化や歴史から引き出しているだけでなく、様々な制作技法においても、日本伝統を取り入れています。江戸時代の着物のパターンを使用したシルクスクリーンや金箔などの技法を巧みに重ね合わせ、女性の美しさの複雑性を表現します。筆は全て水墨画用の面相筆を使用し、髪の毛を1本1本描いていきます。明暗法ではなく、線を使って表現する日本画、アニメの手法で表現しています。肌を表現する「白」は麻の葉模様のシルクスクリーン、そしてその下には、難色もの色を重ね合わせています。これにより女性の肌の奥行き、透明感、温かみを創りだしています。
KAORUKO独自の技法の構成方法、作品の対象、コンセプトは、ニューヨークのファインアート界でも独特の存在感を持ち、多くのコレクター達に強烈なインパクトを残しています。

ページトップへ