株式会社よしもと興業クリエイティブ・エージェンシー東京本部

TEL:03-3209-8252 FAX:03-3209-8262(営業時間10:00ー18:00 土日祝日を除く)

倉科 遼

くらしなりょう

  • 文化人

性別:男性

生年月日:1950年06月23日

出身地:栃木県 

印刷

経歴

元漫画家、漫画原作者。栃木県那須塩原市出身。
水商売モノ(本人いわく「ネオン街モノ」)を得意とする。以前は、司敬(つかさ けい)名義で劇画を執筆していた。
漫画原作のほかに、本名の大場 敬司(おおば けいじ)名義でフリーハンド及び
オフィスケイという編集プロダクションを経営しており、雑誌まるごと、もしくは一部を出版社から請け負っている。
1971年、「司敬」名義で漫画家としてデビュー。青年誌を中心に活動し、幾多のヒット作を手がける。
(代表作として、『野望の群れ』、『会津おとこ賊』、『武田みけん星』、『昭和バンカラ派』などがある)
しかし、次第に漫画家として行き詰まりを感じるようになり断筆、「倉科遼」と改名し、
心機一転、漫画原作者を専業として再起する。

実績

1971年、「司敬」名義で漫画家としてデビューする。青年誌を中心に活動し、幾多のヒット作を手がける(代表作として『野望の群れ』『会津おとこ賊』『武田みけん星』『昭和バンカラ派』などがある)。しかし、次第に漫画家として行き詰まりを感じるようになり断筆、「倉科遼」と改名し、心機一転、漫画原作者を専業として再起する。その始めの原作として和気一作と組んだ『悪女の鑑』シリーズが当たり、原作の道に入る。
原作作品の多くは女主人公のネオン劇画もので、代表作は『女帝シリーズ』、『嬢王』、『夜王』など。

代表作

書籍

・嬢王

・十年愛

・黒服物語

・夜王

・女帝   など

書籍をもっと見る

ページトップへ