吉本興業株式会社 東京本部

TEL:03-3209-8252 FAX:03-3209-8262(営業時間10:00ー18:00 土日祝日を除く)

加藤ひろあき

かとうひろあき

  • アーティスト

性別:男性

生年月日:1983年03月09日

身長/体重:184cm /80kg

血液型:AB型

出身地:東京都 

趣味:サッカー、スポーツ観戦

特技:サッカー、インドネシア語

出身/入社/入門:2015年

印刷

関連リンク

経歴

1983年3月9日生まれ、東京都出身
ミュージシャン・タレント・俳優・MC・翻訳
2008年東京外国語大学インドネシア語専攻卒。2010年同大学で修士号を取得。
2006年、インドネシアのジョグジャカルタに1年間留学。ボランティア活動、ライブ活動、ラジオDJ、イベントMC、映画出演などを経験。その後日本に戻り、東京を中心に歌手・俳優として活躍する傍ら、インドネシア語講師や通訳・翻訳などマルチに活躍。
2013年、インドネシアのベスセラー小説の翻訳を手がけ、「虹の少年たち(原題:Laskar Pelangi)」としてサンマーク出版より発売。さらに、インドネシアで大ヒットしたお笑い芸人COWCOWの「あたりまえ体操(尼題:Senam yang Iya Iyalah)」のインドネシア語翻訳も手がけた。
2014年、活動の拠点をインドネシアはジャカルタに移す。
2017年3月9日1stフルアルバム「HIROAKI KATO」をリリース。
2018年にはアジア最大のジャズイベント「Java Jazz 2018」への出演を皮切りに、中部ジャワ最大級の文化イベント「Dieng Culture Festival」に日本人として初めてゲストとして招待されライブを披露、更に同年9月ジャカルタ・パレンバンにて行われたアジア競技大会2018の公式ソング「Bright As The Sun」、公式テーマソング「Meraih Bintang(邦題:星を掴め)」のオフィシャル日本語バージョンを訳詞、歌唱し、パレンバン会場オープニングセレモニーでのトリを務める。 10月にはジャカルタにて行われたアジアパラ競技大会2018公式テーマソング「Song Of Victory(邦題:勝利の歌)」のオフィシャル日本語バージョンを担当。
2019年、ライブ活動の傍らインドネシアのテレビ局METRO TVにて日本とインドネシア両国の文化、芸術、食、観光情報を扱う番組「JIPHORIA」の番組ホストを務めるなど精力的に活動。
2019年5月には待望の小説翻訳第二作、映画の大ヒットからベストセラーとなった「珈琲の哲学(原題:Filosofi Kopi)」もぎょうせい出版より発売。
2020年はインドネシアでの活動が、日本のメディアにも取り上げられる機会が増え。TBS「世界くらべてみたら」にインドネシアを紹介するレポーターとして出演し、年末の同番組では「クセの強いコーディーネーター」の一人として取り上げられる。その他にもNHK WORLD RADIO「Halo dari Tokyo」にもゲスト出演し、日本とインドネシアを繋ぐタレントとしてインタビューを受ける。
2021年、日本テレビ「マツコ会議」に「東南アジアで活躍する日本人」の一人として紹介される。さらにNHK World国際放送局「3月11日東日本大震災10周年」にて、NHK復興支援ソング「花は咲く」を様々な国の言語に翻訳する特別企画にて、加藤ひろあきがインドネシア語を担当。訳詞と歌唱を担当し、世界を歌で繋ぐ一人として被災地を応援する企画に参加し、日本でもその特集が放送される。3月25日にTBSラジオ「アシタノカレッジ」にて「スターになったアウトバンド日本人アーティスト」としてゲスト出演。
国交樹立60周年を過ぎ、65周年、70周年へと向かう日本とインドネシアの友好関係の砦になるべく、今後も更なる活躍が期待されている。

受賞歴

1. 在インドネシア日本国大使館令和3年度在外公館長表彰(2021年)

受賞歴をもっと見る

実績

- COWCOWネタ「あたりまえ体操」を翻訳し、インドネシア語バージョン「Senam yang iya iyalah」として発表
- 歯ブラシ「Lion Systema」CM出演(2017年)
- インドネシア靴ブランド「WAKAI」商品モデル(2017年)
- ヘアワックス「Medusa Hair Wax」 ブランドアンバサダー(2018年)
- Asian Games 2018 Official Theme Song “Meraih Bintang" - Japanese Version「星を掴め」翻訳・歌唱(2018年)
- Asian Para Games 2018 Official Theme Song “Song of Victory" - Japanese Version「勝利の歌」翻訳・歌唱(2018年)
- インドネシア「MARUGAME UDON(丸亀製麺)」ブランドアンバサダー (2019年)
- 日本テレビ「マツコ会議」にインドネシアで有名になった日本人としてゲスト出演(2020年)
- NHK東日本大震災10年特別企画「花は咲く」多言語バージョンにてインドネシア語版を翻訳・歌唱(2020年)
- TBSラジオ「アシタノカレッジ」に「スターになったアウトバンド日本人アーティスト」としてゲスト出演。
- 1982年インドネシア創業革靴ブランド「Mario Minardi」ブランドアンバサダー (2021年)
- インドネシア日系クリニック「Kizuna Clinic」ブランドアンバサダー (2021年)

代表作

映画

1. Ivanna (2022)

監督:Kimo Stamboel (キモ・スタンボエル)

制作会社: MD Pictures

2. Name For A Band (2022)

プロジューサー:Pandji Pragiwasono

制作会社:PT Wongsoyudan Pratama Indonesia

映画をもっと見る

書籍

1. インドネシア小説:アンドレア・ヒラタ著「虹の少年たち(原題:Laskar Pekangi)(2014年:サンマーク出版)インドネシア語から日本語への翻訳

2. インドネシア小説:ディー・レスタリ著「珈琲の哲学(原題:Filosofi Kopi)」(2019年:ぎょうせい出版)インドネシア語から日本語への翻訳

3. 絵本:西野亮廣著「Poupulle of Chimney Town (原題:えんとつ町のプぺル)」(2021年:Noura Books)日本語からインドネシア語への翻訳

書籍をもっと見る

ドラマ

1. Online Offline - Telkom Digital (2018)

ドラマをもっと見る

音楽

1st Album「HIROAKIKATO」(レーベル:Demajors)(2017年)

1st Single : Buatmu Tertawa (2017)

2nd Single : Ruang Rindu (2018)

3rd Single : Jakarta Sunset (2018)

4th Single : Beda Selera (2019)

5th Single : Nada Sousou (2019)

6th Single : Bahagia Itu Sederhana (2020)

音楽をもっと見る

司会/レポーター

①.テレビ局:RTV

  番組名 :Indonesia Banget(レポーター)

②.テレビ局:Waku Waku Japan Channel

  番組名 :Quiz Surprise Japan(司会)

③.テレビ局:Metro TV

  番組名 :Jiphoria(司会)

④.テレビ局:TBS Japan

  番組名 :世界くらべてみたら(レポーター)

⑤.Streaming Platform ( OTT ):GoPlay

  番組名 :Hirosensei(司会)

司会/レポーターをもっと見る

インドネシアアーティストとのコラボレーション

- Noe (Letto):大ヒット楽曲「Ruang Rindu」を日本語に翻訳し、デュエット

- Arina Ephipania(Mocca):「涙そうそう」インドネシア語版を共同制作・デュエット

- Tulus:大ヒット曲「Sepatu」を日本語に翻訳し「くつ〜セパトゥ〜」としてシングルリリース

- RAN:大ヒット曲「Dekat di Hati」を日本語に翻訳し「心はすぐそばに」としてシングルリリース

- Ariel(Noah):大ヒットシングル「Mungkin Nanti」を日本語に翻訳し「もしもまたいつか」としてシングルリリース

インドネシアアーティストとのコラボレーションをもっと見る

ページトップへ